スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水換えのやり方

あづい・・
本日は気温が30℃を超えたようです。
うちは冬の間からずっと低めの水温で飼育していたので、こう急激に温度があがられると温度差が激しくなってちょっと辛い。
ネオンテトラやコリドラスのいる第一水槽がだいたい23.5℃、レッドビー水槽は22℃くらいにヒーターが設定されてます。
で、本日のレッドビー水槽の最高水温は26℃でした。
4℃かぁ、なんか影響あるかなぁ。
まあなっちゃったもんは仕方ない。
また明日は涼しくなるようですし、そろそろ24、25℃くらいにヒーターを設定しておこうかな。

さてレッドビー水槽ですが、水面に白い膜のようなもの(いわゆる油膜ってやつですね、油じゃないはずですがw)が浮いてて汚らしかったのでちょっと掃除しました。
表面だけ水吸いとって。
で、減った水だいたい5L弱、を足し水しました。

皆さんよくやられてるかと思いますが、うちでも点滴法でやってます。

■こんな感じでエアホースをコックにつないで
n060501c


■カルキ抜いて水温調整した水を入れたバケツを上に、ホースを水槽に垂らす
n060501e

■コックで流量調整
n060501h

まあ5Lもないくらいだからもうちょっと乱暴にやってもいいのかも??しれませんが、稚エビもいることだし、なるべく慎重に、ね。
ああ、もちろんこんなことやってるのレッドビー水槽だけですよ。
ネオンやコリドラスがいる水槽は水温合わせてカルキ抜いたら、ドバッっと一気ですw

油膜もなくなって綺麗になりました。
でも、どうせまたすぐ膜張るんだろうな・・
スポンサーサイト

テーマ : 熱帯魚
ジャンル : ペット

コメント

非公開コメント

慎重に水入れてるんですね。
やっぱせっかくのビーシュリンプ様だからそのくらい気を使わないとダメなのかもしれないですね。
うちはエビも魚も構わずドバッーです。
これからはもうちょっと気を使ってみようかな。

以前はやってなかったんですけどね。
結構適当にドバーって感じでやってました。
前に居たレッドビー達はそれでも大丈夫だったんです。
が、なんだか今いるレッドビー達は水換え1、2日後に1匹2匹落ちる事が多い気がして。
で、最近は慎重にやってます。
それで落ちなくなるかどうかの結果が出るにはもう少しやってみないと分かりませんです

昨日はほんと暑かったですね~。うちも水槽によってまちまちですけど26℃前後(最高28℃)になってました。
点滴法ですかあ・・。個人的にはまゆつばもんなんですけど、生き物の飼育はケースバイケースなところが多いのでなんともいえませんね。

そうですねぇ。
別に点滴法なんてしなくても以前は平気だったしなぁ(^^;
一気に換えても平気なら、別にそれでいいですよね。
まあ慎重にやる分には悪いことはないから、って感じで試しております。

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。